転職だけじゃない!。ビジネス専用SNS・LinkedIn(リンクトイン)で繋がるビジネスネットワーク

海外でのLinkedIn(リンクトイン)の活用方法

海外でのLinkedInの活用方法


多くのビジネスパーソンがLinkedInを活用


日本ではまだ浸透中のLinkedInですが、既に世界では3億人以上のビジネスパーソンがLinkedInを活用していて、ビジネスシーンに欠かせないツールの1つとなっています。

LinkedInが名刺代わりに


特に発祥の地の米国ではビジネスで誰かと面会する際、事前に相手のLinkedInを開き、プロフィールなどを確認するのが日常習慣的に行われています。日本での名刺交換的な役割よりも大きな位置づけとなっています。

政治家や企業家もLinkedInに登録


海外では有名な政治家や企業家なども大勢、LinkedInに登録し、自身のプロフィールなどを公開し、情報を発信しています。超有名どころとしては、アメリカのオバマ大統領もLinkedInに登録しています。海外への情報発信を意識してか、日本の安倍首相も英語でLinkedInに登録しています。

企業側も積極的にLinkedInを活用


企業側も積極的にLinkedInを活用しており、米フォーチュン500の全企業がのアカウント登録を行っており、上位100社中82社は採用ソリューションを導入しています。
また企業が主体となり、従業員のスキル管理ツールとしてLinkedInの活用を社員に強制または推奨している企業もあります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

PAGETOP