転職だけじゃない!。ビジネス専用SNS・LinkedIn(リンクトイン)で繋がるビジネスネットワーク

LinkedIn(リンクトイン)のメリット・デメリット

LinkedInのメリット


LinkedInは主な利用者であるビジネスパーソンはもちろんのこと、採用を行っている企業側にもメリットが多くあるサービスです。ビジネスパーソン側と企業側それぞれにおけるLinkedInのメリットをまとめてみると以下の様になります。

ビジネスパーソン側から見たLinkedInのメリット

 ・自分のキャリアを公開できる。
 ・ビジネス上の繋がりを可視化できる。
 ・顧客のプロフィール情報を商談に活用する。
 ・同僚や上司のプロフィール情報をコミュニケーションに活用する。
 ・グループに参加し、専門分野の意見交換したり最新情報を得られる。
 ・転職活動していなくても、求人情報(オファー)が届く

企業側から見たLinkedInのメリット

 ・従業員のスキル管理ができる。
 ・会社の情報を発信することができる。
 ・会社ページへのアクセス属性を分析し、マーケティングに活用できる。
 ・現職のスタープレイヤーを検索でき、直接オファーを出せる。

LinkedInのデメリット


LinkedInはほとんどデメリットはありませんが、あえて言えば以下の様なデメリットが考えられます。ただほとんどがLinkedInの普及率が低い日本において言えるデメリットで、今後の日本でのLinkedInの普及とともに自然消滅していくかと思われます。

日本市場におけるデメリット

 ・まだ参加者が少なく、コンタクトで繋がる人がなかなか増えていかない。
 ・転職SNSのイメージが強く、「LinkedInの使用 = 転職希望」と捉える人がいる。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

PAGETOP