転職だけじゃない!。ビジネス専用SNS・LinkedIn(リンクトイン)で繋がるビジネスネットワーク

LinkedIn(リンクトイン)で何ができる?

LinkedIn(リンクトイン)で何ができる?


転職活動だけじゃないLinkedIn(リンクトイン)の機能


LinkedInは利用目的をビジネスに特化したビジネスソーシャルネットワークサービスです。LinkedInは転職活動ツールとしての側面が大きくクローズアップされ、転職SNSとも呼ばれたりしていますが、それ以外にも「情報収集」「マーケティング」「課題解決」といった用途にも活用されています。自分の工夫次第では無限にビジネスチャンスを広げられるのがLinkedInです。

LinkedIn(リンクトイン)の主な機能


LinkedInでの主な機能をまとめると以下の通りになります。

1.自分のプロフィール(職務経歴)を発信できる。
2.人脈を構築できる。
3.専門家とコンタクトがとれる。
4.企業や業界の情報を収集できる。
5.ビジネスパートナーや人材を検索できる。
6.求人を探せる。

1.自分のプロフィール(職務経歴)を発信できる。


自分のプロフィールを発信することで、自分のこれまでの実績や経験、能力などを公にアピールすることができます。LinkedInはビジネスに関わる人とコンタクトで繋がるため、それが抑止力となりプロフィールを虚偽する人が少なく、LinkedInのプロフィールの信頼性はかなり高いと評価されています。
また定期的にキャリアサマリなどのプロフィールを見直すことで自身のキャリアの棚卸になります。キャリアの棚卸を行うことによって、今後のキャリアプランとしての目標設定などに役立つという副次的な効果も期待できます。

2.人脈を構築できる。


知り合いやビジネスパートナーなどとコンタクトで繋がっていくことで、自分の人脈を構築し、可視化することができます。また自分と直接コンタクトしている1次コンタクトの人だけではなく、2次コンタクトや3次コンタクトの人についても可視化できます。そのため自分の1次コンタクトの人を通じて、思いがけないところから更に人脈が広がることがあるのも、LinkedInの魅力の一つです。

3.専門家とコンタクトがとれる。


いろんな分野での第一人者の人や専門家の人もLinkedInに多く登録しています。LinkedInには様々なジャンル(分野)のグループがあり、各グループのテーマについて情報交換や活発な討論が行われています。グループはだれでも参加できるグループと参加承認が必要なグループがありますが、いずれにしろ自分の興味があるグループに積極的に参加することで、専門家の人と接触出来たり、最新の情報を得ることができます。

4.企業や業界の情報を収集できる。


LinkedInでは企業も会社アカウントを取得し、会社ページにてさまざまな情報を発信しています。会社ページを通じてその会社の最新情報を取得したり、同一業界の複数企業の会社ページを参照することでその業界での最新動向を探ることが可能です。

5.ビジネスパートナーや人材を検索できる。


LinkedInでは、特定のスキルを持っている人、特別な経験および実績がある人などをビジネスパートナーとして検索することが可能です。

6.求人を探せる。


多くの企業がLinkedIn上で求人を出しています。これらの求人情報を検索し、LinkedIn経由または直接に応募することができます。
一方、企業側も積極的にLinkedInを活用しており、欲しいポジションに適任な人をLinkedInで探して直接コンタクトをとることもしています。これまで企業側は、求人サイトや転職エージェントに登録している人しかマッチングできませんでしたが、LinkedInを通じて現職で転職活動していない人を直接採用することも可能になっています。
また最近では企業だけではなくヘッドハンターや転職エージェントも積極的にLinkedInを活用し、優秀な人を積極的に検索したりしているそうです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

PAGETOP