転職だけじゃない!。ビジネス専用SNS・LinkedIn(リンクトイン)で繋がるビジネスネットワーク

プロフィール作成方法①(職歴、学歴、スキルなど)

プロフィール作成方法①(職歴、学歴、スキルなど)

LinkedInのアカウント登録が完了したら、まずは自分のプロフィール情報を登録します。プロフィール内容をどんどん充実させ、完成度を上げていきましょう。

1.LinkedInのログインした状態で、画面上部メニューの「プロフィール」-「プロフィールの編集」をクリックします。

メニュー選択

2.LinkedInのアカウント作成時に登録した現職の役職について開始した日(年月)を入力し、「保存」をクリックします。

現職開始年月

3.次に現職よりも前に勤めていた会社と役職を入力します。もし転職しているのであれば前職の会社名と役職名を入力し「保存」をクリックします。もしなければ「スキップ」をクリックし進めてください。

前職会社

4.前職での勤務期間(在籍期間)を入力し「保存」をクリックします。

前職期間

5.更に以前に勤めていた会社と役職の情報を要求されます。もしあれば前職の会社名と役職名を入力しますが、なければ「スキップ」をクリックします。

前職入力2回目

6.次に持っているスキルや専門知識の情報を聞かれます。これまでに登録したプロフィールをもとに持っていると思われるスキルや専門知識の項目が表示されています。持っていないスキルや専門知識の項目は×ボタンを押して表示を消します。持っているスキルや専門知識の項目のみを残して、「保存」をクリックします。

スキル登録

7.次に学歴を設定します。卒業した高校名や大学名を入力し、「保存」をクリックします。

学歴登録

8.次に学位と専攻を入力し、「保存」をクリックします。

専攻入力

9.更に在籍期間を入力し、「保存」をクリックします。

学歴在籍期間

10.ゼミやサークル活動の内容について入力し、「保存」をクリックします。

ゼミ・サークル活動

11.他の学歴がないか要求されます。ここではいったん「スキップ」をクリックします。

他の学歴

12.次に言語を要求されます。プロフィールに記載できる得意な言語があれば「はい」をクリックします。

得意言語

13.プロフィールに記載できる言語を入力し、「保存」をクリックします。

得意言語入力

14.次に現在の住所に関する情報を要求されます。自営な方などは入力が必要だと思いますが、通常のビジネスパーソンには不要と思われる情報なので、「スキップ」をクリックします。

住所

15.Twitterやfacebookのプロフィールを共有するかどうか聞かれます。ここはいったん「いいえ、結構です」をクリックします。

他のSNS連携

16.これでプロフィールの作成が完了です。「完了」をクリックします。

プロフィール登録完了

 

登録したプロフィールの確認方法

LinkedInに登録した自分のプロフィールを確認してみましょう。

1.LinkedInのログインした状態で、画面上部メニューの「プロフィール」-「プロフィールの編集」をクリックします。

プロフィール確認メニュー選択

2.LinkedInに登録した自分のプロフィールが表示されました。

登録プロフィール確認

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

PAGETOP